Bassline and Comping 9 -パッシングノート maj7th Chord

9 パッシングノート メジャー7thコード

 

より滑らかなベースラインにするために今までのクロマチックアプローチノートに加えて、パッシングノートを覚えましょう。

パッシングノートとはパッシング(通過)する音のことです。

キーCでCmaj7を引く場合、ドとミの間に今まではミの半音上又は下の音を使いました。Cmaj7は元々ドレミファソラシドから出来ている(1 コードの仕組み参照)ので、ドとミの間はレの音が使えます。同じようにミとソの間はファの音が使えます。

1. Rootから5度までの移動

 

5弦ベース Cmaj7(ド レ ミ ファ  ソ ファ ミ レ ド)

 

6弦はFmaj7が弾きやすいのでFmaj7で弾いてみます。

6弦ベース Fmaj7(ファ ソ ラ シb ド シb ラ ソ ファ)

5弦、6弦ともに形で覚えてしまいましょう。

 

2. 5度からRootへの移動

 

5からRootへは距離があるので、ベースラインでは良く6度をコードトーンとして使うことがあります。5と6は2フレットの違いなので5#を間に入れます。

6弦ベース Cmaj7(ソ ソ# ラ シ ド シ ラ ラb ソ)

5弦ベース Fmaj7(ド ド# レ ミ ファ ミ レ レb ド)

1オクターブウォーキングしてみましょう。

5弦ベース Cmaj7(ド レ ミ ファ ソ ソ# ラ シ ド)

6弦ベース Cmaj7(ソ ソ# ラ シ ド レ ミ ファ ソ)

 

5弦ベース Fmaj7(ファ ソ ラ シb ド ド# レ ミ ファ)

6弦ベース Fmaj7(ド ド# レ ミ ファ ソ ラ シb)

 

3. ダブルクロマチック

 

ずっと同じコードが続く場合は今までのウォーキングを繰り返せば良いですが、コードは進行し、変化していきます。ベースラインのつなぎ方としては今までやってきた、

  • クロマチックアプローチ
  • パッシングノート

を使って繋いでいきます。

上の2種類の他にダブルクロマッチックという方法があります。

次のコードトーンへ向かって半音を二つ使います。

Cmaj7からFmaj7への移動例

ド レ レ# ミ ファ

 

Cmaj7  Fmaj7交互に移動してみましょう。

 

ソソ#ラシドド#レレ#ミレドシラソファファ#ソ

 

ドレレミファソラシドシラソファミレド

 

次回はパッシングノート m7thです。